読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

256bitの殺人メニュー

インフラエンジニアだったソリューションアーキテクトなくわののブログ。こちらのBlogは個人の意見となっていて会社とは全く関係ありません。お約束です。[twitter:@kuwa_tw]めんどくさがりが重い腰を上げて何かをアウトプットすることにどれほどの意味があるのかを試してみたいブログでもある。

Vagrant起動時にVagrantfileの場所を切り替える

Vagrant Linux Mac

はい、乙カレー様です。桑野です。



ということだったんで、やってみた。
結果やりたいこととなんか違う気がするけどメモ書きとして入れておくw

やってみた

ドキュメント見ると環境変数VAGRANT_CWDでVagrantfileの検索パスの変更が出来るということなんで、やってみる。

テスト用のディレクトリ作成
$ mkdir test1 test2
テスト用のディレクトリにそれぞれVagrantfile作成
$ cat <<'EOF' > test1/Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"
Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "centos-65-x86_64"
  config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
  config.vm.hostname = "test1"

  config.vm.provider :virtualbox do |vb|
    vb.gui = false
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "1024"]
  end
end
EOF


$ cat <<'EOF' > test2/Vagrantfile
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"
Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "centos-65-x86_64"
  config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
  config.vm.hostname = "test2"

  config.vm.provider :virtualbox do |vb|
    vb.gui = false
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "1024"]
  end
end
EOF
テスト用のディレクトリに作ったVagrantfileをみるようにvagrant 起動テスト
$ export VAGRANT_CWD=./test1/
$ vagrant up
$ vagrant ssh
[vagrant@test1 ~]$
$ vagrant destroy default


$ export VAGRANT_CWD=./test2/
$ vagrant up
$ vagrant ssh
[vagrant@test2 ~]$

で、とりあえずいけた様な、、、。

とりあえず切り替えられるけど、Vagarntfileを簡単に切り替えられる方法ってもっとスマートな方法ないんだろうかw
だれか知ってたら教えて下しあw
(☝ ՞ਊ ՞)=☞)՞ਊ ՞)<それでは!

実践 Vagrant

実践 Vagrant


神星記ヴァグランツ (1)

神星記ヴァグランツ (1)