読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

256bitの殺人メニュー

インフラエンジニアだったソリューションアーキテクトなくわののブログ。こちらのBlogは個人の意見となっていて会社とは全く関係ありません。お約束です。[twitter:@kuwa_tw]めんどくさがりが重い腰を上げて何かをアウトプットすることにどれほどの意味があるのかを試してみたいブログでもある。

SSHのGSS-API

Debian入れたPCから他のCentOSのサーバにSSHすると10秒くらい待つ事が殆どで、これなんだ?
と不思議に思いちょっと確認。

-v*1してみたところちょうど待ってるところの時間帯

$ ssh ${hogename} -v  -l akuwano
(snip)
debug1: Unspecified GSS failure.  Minor code may provide more information

No credentials cache found
(snip)

が何回かでてた。
GSSってなによ、あー認証用のAPIか。
Kerberosとか使うときにいるのね。


じゃー、今使ってないからきっちゃいましょと言う事で、/etc/ssh/sshd_config/etc/ssh/ssh_configに、

    GSSAPIAuthentication no

入れてみると待ちなくなりました。幸せ。
これでせっかく作った各サーバにコマンドだすスクリプトが使えるw

*1:別に-vvvvvvvvvvvとかでもいいけど